光コラボレーションモデルへ変更する前の注意点について。

心つもり引越し > タブレット > 光コラボレーションモデルへ変更する前の注意点について。

光コラボレーションモデルへ変更する前の注意点について。

ここ数年、インターネットご利用の方なら、「光コラボレーションモデルへ変更しませんか?」という電話をよく受ける方が多いと思います。 この電話を受ける人は、NTT東日本・西日本で光回線を契約しているインターネットユーザーの方です。 光コラボレーションモデルとは、光コラボレーション事業者が、NTT東日本・西日本から光回線を借り受けて提供することと(転用)、プロバイダ契約など事業者自ら提供する様々なサービスを組み合わせるものです。 今までNTT東日本・西日本が主に扱っていた光回線とプロバイダの契約でインターネットをすることが多かったのですが、光コラボレーションモデルは、セットになったものというものです。 お得になるのが、光コラボレーションモデルのうりですが、お得にならない人もいます。 NTT東日本・西日本の長期割引オプションをつけている人です。 インターネットをはじめとする通信制限でお悩みのかた、通信費をお得にしたい場合、NTT東日本・西日本の長期割引オプションの有無、NTTフレッツ回線やプロバイダ側の有料オプションの有無、どれも該当せず、どう見ても光コラボレーションモデルへ変更したほうがお得な人が、変更するとお得になります。 光コラボレーションモデルへ変更することを検討される方は、NTTやプロバイダに事前に長期割引オプション、NTTフレッツ回線やプロバイダ側の有料オプション、あとプロバイダの違約金も確認されることをお勧めします。 勧誘のセールストークで「NTTの者ですが~」という電話がよくありますが、あれはほとんどがNTT以外の人です。 よくある「市役所などの役所」「電力会社」からわざわざ電話がないのと同じです。 ではどうして、他事業者の人がお客様の情報を知っているのか?と思われるでしょう。あれは、「NTT法」によるものだからです。 NTTの顧客情報は、他の事業者も見ても良いというものがあるのです。 したがって、「NTTの者ですが~」と言われた場合は、「NTT法に基づいて、情報を閲覧しました他事業者ですが~」ということなのです。 もし、うっかり申し込んだけれども、解約したいと思われた場合は、早めの連絡をされることをお勧めします。 クーリングオフがきく可能性がありますし、違約金がお高くなるからです。 よくある話ですが、NTT自らが電話をかけて、光コラボレーションモデルへ変更するよう、誘導する可能性は現時点ではないので、どうぞご注意をお願いします。 「NTT東日本(西日本) 勧誘を止めてほしい」と検索すれば、一番上の辺り(広告を外して)NTTのホームページが出てきます。 そこから入っていって、「勧誘停止に関する登録・お問い合わせ」に勧誘停止をする方法もあります。 そこまでしたくない場合は、電話がかかってきて、怪しい電話だと思ったら、すぐ切るのが一番だと思います。 いろいろ書きましたので、お気持ちを暗くさせたようで、申し訳ありません。 皆様のインターネット利用に、ちょっとでもお役にたてられることを、願ってやみません。